紙袋

いつも嬉しく悪戦苦闘していることがあります。
それは包装。
おつかいものにしていただけるお品を
喜んでいただけたらいいなぁ^^と願いながら
ひとつひとつお包みするのですが
なにしろぶきっちょなので
いつも汗をかきながらしています。

今日もでした。
もうお時間をちょうだいしてしまうことは
これまでのことでよくわかっている私なので
最初にお茶をお出しして
「ごゆっくりお茶を飲みながら、ご覧になってお待ちいただけますか・・」と
お断りしてからとりかかりました!

ぶきっちょだったし
時間もかかったけれど
「まぁ!かわいいレース!」と
目を細めて喜んでくださって
心がすうっと救われたり、ぽかぽかしたりでした。
お客様に感謝♪

合間になんの変哲もない
シンプルな紙袋に
ひとつひとつハンコを押してゆきました。
大切に想っていることば「ありがとう」。
これはお友達のせいこちゃんのお作りになった
消しゴムはんこです。

これからも日々「ありがとう」です。

e0023849_14101598.jpg

[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-19 14:10 | 日々

細谷亮太先生の本

今月の本・・
細谷亮太さんという小児科のお医者様の
「医者が泣くということ」という本をご紹介したいと思います。

私は日記が好きらしいです。
気がつくといろいろな方の日記を好んで読んでいます。
この本も、細谷先生の日記です。
それが実に心にぽつぽつ、ふわふわ、じわじわ、沁みてきて
惹きこまれました。
お医者様の日常も、飾りっけない率直な文章で
目の前に浮かんでくるようでした。

私は今までにも今も、たくさんのお医者様にお世話になっていて
そして本当に大好きなお医者様にも出逢わせていただきました。
職業としてのお医者様というだけでなく
人としてのお医者様・・ということを
またこの本でも感じて、また感謝が深まった気がします。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-18 11:13

古武道

先日、大好きな尺八奏者 藤原道山さんが仲間と組まれたユニット
古武道さんのリサイタルに出掛けてきました。

古川展生さんのチェロ
妹尾武さんのピアノ
藤原道山さんの尺八
とてもすてきな音の世界でした。

そして
すてきな仲間と出逢った時
一人一人のすてきが
二倍三倍どころかもっと広がりをもって
引き出されて輝くんだなぁと
とても感じる音の世界でした。
お一人お一人のたしかなテクニックと
まるで感性のかたまりのような
お三人がひとつになられるから
こんなに広がりをもつんだ・・って
とても感動しました。

そして
トークやお姿に垣間見る人間くささに
とても惹かれました。





車で古武道さんのCDを聴いていると
ちょうど夕暮れ時に山にさしかかりました。

木立はもうかすかに闇を作り始めていて
その合間に差し込む黄昏時の濃い夕陽色の光が
幻想的な山の風景を作り出していました。

ちょうどその時に
カタロニア民謡の「鳥の歌」が流れました。
音と風景とが心に迫って
涙が出てくるようでした。


オリジナル、そして古くから奏で継がれている東西のきれいな音楽を
「KOBUDO」というアルバムで聴かせていただけます。
「にじのゆめ」にもありますので
よかったらお聴きになってみてください。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-18 11:02

みなさんにありがとう^^

e0023849_10445424.jpg


姪っ子が作ってくれた「営業中」と「準備中」の札
それを
たくさんいただいたハーブでこしらえたリースで飾りました。

今、にじのゆめは「ローズマリー」のさわやかな香りでいっぱいです。



e0023849_10471776.jpg


お友達の贈って下さったふくろうの一輪挿しと
近くの山から一輪手折らせてもらった野花と
こんなにお似合いです。


e0023849_1050945.jpg


e0023849_10502627.jpg


e0023849_10504378.jpg

[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-18 10:51 | 日々

Twiceさんの商品が入荷しました

Twiceさんから商品をお送りいただいて
入荷してまいりました。

両手でこっぽり包んで
ふうふう温かいお茶をいただきたくなる
お茶まわりのものや
由由さんをたくさん感じる
布小物
それから
思い出深いぬいぐるみ
小さいお子さんも大人の人も一緒に楽しめる
かわいいシール
など
箱を開けて取り出してはにっこり
棚に並べてはにっこり
本当に幸せな心地をいただける雑貨たちです。

お手にとってご覧いただけましたら幸せです。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-15 14:43 | 日々

今月の読み語り

一年生のクラスで。

秋の風が心地よいこの季節
秋の恵みがたくさんのこの季節
このお話を読みました。

先日、お友達のたまごさん親子とご一緒に出掛けた
公園でみつけて連れて帰ったどんぐりさん達や
たくさんいただいたさつまいもを
ごっそり持ってゆくと
子ども達は瞳きらきらで集まってきました。
幸せなひとときでした。

「さつまのおいも」
「ばばばあちゃんのやきいもたいかい」
e0023849_14365296.jpg


e0023849_1437733.jpg

[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-15 14:37

毛糸の小さな巾着

この数日、毎晩ばたんきゅうで
手しごとを休んでいました。

今夜はまたむくむくと元気が戻ってきて
手しごとを少し。

毛糸で巾着を編んでみました。
お花のモチーフをつけてみたりして。

布と毛糸と・・
やっぱり触れていると
無心に縫ったり編んだりしていると
ほこっとします。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-07 01:23

みんな手づくり

ひとつひとつ
お店の大事なものが増えてゆきます。

お友達のたまごさんが
すてきなディスプレーをいっぱい作って下さいました。
全部手づくり。
本当にぬくもるのです。
なんて幸せだろう・・・・。
たまごさん、ありがとう♪

そして今日は
姪っ子の美咲が
「ともちゃん、“営業中”とか“準備中”とかの札がないよぉ。作ってきてあげる♪」と
さっそく作ってきてくれて、玄関に貼ってくれました。
かわいい字で書いてあって
くすっと微笑みがこぼれます。
なんて幸せだろう。
美咲、ありがとう♪

みんなのおかげで、ひとつまたひとつ
お店らしくなってゆくようです。
私ときたら、ほんとに抜けているから
足らないことばかりだし
足らないこともわからなかったりで
みんなみんなのおかげです。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-07 01:21 | 日々

ありがとうございます・・オープンします♪

ありがたい気持ちいっぱい
今日十月三日、にじのゆめ、オープンです。

準備はまるでおいつかなかったけれど
看板をあげました。
にじのゆめを開きながら
ゆっくりと補ってゆこうと思います。

入り口です

e0023849_14252382.jpg


リフォーム前の玄関の板を使って
楽都が書いてくれました。





e0023849_1426037.jpg


玄関を入ると「コンニチハ」とお迎えいたします。
日向が作ってくれました。



e0023849_1427419.jpg


e0023849_14272215.jpg


e0023849_14275377.jpg


にじのゆめの中の様子です。

本、てづくり品、絵はがき、楽器などが
楽しそうに並んでいます。

お近くにお出掛けの際は、どうぞお立ち寄り下さいませ。
松江の西津田、生協病院の近くです。



☆手づくり品の販売は、市内の委託販売をしていただいているお店と、ここにじのゆめを中心にします。
インターネットでの販売ページは特別作らない予定です。
折々にこの「にじのゆめ手帖」でご紹介させていただきますので
もしご関心をお寄せいただけるてづくり品がございましたら
メールでお声がけ下さい。
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-10-03 14:32 | 日々

山元加津子さんのご本

勇気を出して(!)
加津子さんの本を出版していらっしゃいます出版社さんに
先日の三五館さんにつづき、
二つの出版社さんにお電話させていただきました。

本当に心が感謝と感動でいっぱいになりました。

青心社さんと樹心社さんです。

どちらの出版社さんも、
私のたどたどしく話す気持ちを親身にお聞きいただいて、
快く、そして、
一個人の私の負担がなく、たくさんの方々に本をご紹介できるようご配慮いただいて
本をお取り扱いさせていただけることになりました。

「私はもうずっと前から加津子さんのことが好きで
加津子さんやたんぽぽの仲間たちのこと、雪絵ちゃんとのお約束・・・
なるべくたくさんの方にお伝えしたいって想って・・・」とお話しし出すと

とてもうなずいて下さって(受話器越しだけれど伝わってくるのです・・)
そして、出版社さんがかつこさんのことを大好きで
心底応援したいと想っておられると伝わってくるのです。

感動と感謝で心がいっぱいになりました。


こうして、にじのゆめでお取り扱いさせていただける書籍は・・・

・ 魔女・モナの物語
・ 魔法の国エルガンダの秘密 魔女・モナの物語 2

          青心社さん

・ さびしいときは、心のかぜです(原田大助さんとの共著)
・ 僕の上の星☆君の上の星(原田大助さんとの共著)
・ 違うってことはもっと仲良くなれること
 
          樹心社さん


です。
どうかどうか、お手にとってご覧下さい。






          
[PR]
# by nonohananonohana | 2007-09-29 22:22