カテゴリ:日々( 200 )

焼き芋

e0023849_18163540.jpg

軒下にはつららができて
なんと寒い一日でした。
寒い日に、あつあつほくほく♪はなによりのごちそう。
ストーブの上に並びまするは…焼き芋♪
まだ~?
もういい~?
食いしん坊さんは待ち遠しくて、
ストーブのそばを離れられません(^-^)
おいしいにおいがしてきて
焼けたことを知らせてくれます。
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-12 18:16 | 日々

想い

e0023849_23212752.jpg

にじのゆめ二度目の年明け。


にじのゆめの日を重ね、
いろんなことを味わい、感じ、過ごす中で、
だんだん、私の心の真ん中にあるものが
くっきりと見えてきているような気がしています。
そして、支えて下さる皆さんの存在が、いかに大きいか、
より感じられる気がしています。


私は
「みんなで笑顔に。みんなで幸せに。」それが常に一番にあります。
だから、そのことを想い描きながら、
幸せの種をまかせてもらったり、
ハートとハートのにじのかけはしにならせてもらいたいのです。
その想いの常に心にあるのは、
“日々を一所懸命生きてる人達”です。
病気と共に生きてる人。
体の不自由なところと共に生きてる人。
子ども達と子ども達を育てることに奮闘されてる親御さん。
いつも想いの中にいます。


だから、にじのゆめは、「三輪」です。


にじのゆめは「雑貨屋さん」に見えると思います。
それでいいのです。
にじのゆめに温かな雑貨や本やクッキーや紅茶を卸して下さるお店…
にじのゆめのことを助けてくれる仲間たち…
にじのゆめの雑貨を置かせて下さるお店…
皆さんのおかげで、にじのゆめは支えてもらい、もりたててもらい
いらして下さるお客様が、なんとも優しいまなざしでほほ笑んで下さる。
ほんとにありがたいです。
そんなふうに、
雑貨をとおして、お客様、作家さん、それぞれのお店がつながって、
笑顔や幸せがふわっと生まれる「にじのかけはし」にもならせてもらえる。


そして同時に、
一番したい、一番根っこにある、
一所懸命生きてる人を想いながら、私にできることを、ひとつずつひとつずつしてゆける。


そして、もうひとつの車輪は「家族」。
ひとつ屋根の下に暮らす家族はもちろんのこと、
去年は嬉しいことに、あまりに忙しく
(ただただ、私が手しごとが遅いだけなのです。
いただくお仕事に、手しごとがおいつかず、精一杯な毎日でした)
暮れに、すごく心が痛みました。
それまでもずっと、心に魚の小骨がささったように、たえずちくちく小さな痛みを感じていたことが
暮れに大きな痛みになりました。
忙しさにかまけて、頭にも心にも常にいてくれる義母を、大事にできませんでした。
逃げてもいたと思います。
クモ膜下出血で倒れて、大きな後遺症が残った母の元に
当初はずっと、毎日、顔を見にいきました。
それが間遠になりました。
主人の実家に一人になった義父のことも、義母と同じで
いつも頭と心にいてくれるのに、大事にできませんでした。
私なりにぎりぎり精一杯がんばった生活だったけれど
もっとがんばれたはずだと
暮れには大きな後悔と哀しみでした。
だから、今年は(自分のためにも…と言えます。小骨の痛みや大きな後悔はもういやだから)、
義母と義父を大事にしようと決めました。


私の「三輪」を大事に、
みんなに助けてもらいながら
にじのゆめを紡いでゆける今年を
予感しています。

さて
模様替えを始めたけれど
今日はこの大変な様相のまま終了です!
ぼちぼちと続きをします(*^^*)


少しずつ、本を借りて帰って下さるお客様が増えてきました。
だから、もう少し工夫をして、
本や絵本や雑誌と、くつろいで、出会ってもらい、ふれあってもらえる空間にと思います。
そして、仲間たちの温かなハンドメイドは、
お客様のときめきや幸せになってくれています。
手づくりのぬくもりとふれあってもらえる空間にもしたいと想っています。
そして、今年はもう少し勇気を出して、
「書くこと」をもう少し前に出させてもらおうとも想っています。
お客様目線で眺めたり
私の想いがこもるよう眺めたり
棚を動かしています!


長い手帖になりました。
気持ちを書きとめておきたかったものですから。
長い手帖を読んでいただいてありがとうございます。

ほんとにみんなに支えてもらってのにじのゆめです。
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-11 23:21 | 日々

雪だるま

e0023849_16512549.jpg

雪♪となれば
外に飛び出したくなるのがちびさんですネ。

なんていいお顔!
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-10 16:51 | 日々

SIAWASE

e0023849_12262018.jpg

雪の中
佐川急便さんが届けて下さった木のスプーンたち。
佐川急便さんに感謝です(*^^*)

作りたい心が、心にいっぱいたまっていたらしいです。
木のスプーンで作りたいものも
心でぬくもっていました。

すぐに作ってみましたよ。

にじのゆめのおなじみ顔、にこにこ顔のしあわせスプーンです。
裏には「しあわせ」とローマ字で小さく書き込みました。
しあわせの種をふうわり撒かせて下さい♪
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-10 12:26 | 日々

陽がさしこむ部屋で

e0023849_1126503.jpg

こんにちは!

今日は朝から陽がさしています。

陽がさし、ぬくもった草木や道から、白い蒸気がたちのぼり、
淡く煙る朝の景色は、なんとも美しかったです。

さて
陽がさしこむ部屋で
書き物をしています。
冬休みは、私にとって、紙や頭や心に、
たくさんの原稿を書きとめられる時間になりました。
それを、「野の花だより」にしているところです。
ゆるやかな時間や家族との密な時間や
自分の心をみつめたりお話したりする時間…とっても大事。
いろんな物事を味わいながら見つめ、
慈しんで感じられるから。
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-08 11:26 | 日々

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
みんなが幸せで
笑顔の花がたくさん咲く
一年になりますように…(*^^*)

どうか
本年もよろしくお願いいたします。


昨夜、みんな、日付がかわるまでにぎやかに起きていて
「あけましておめでとうございます(^-^)」と
口々ににこにこ挨拶をして
安心して眠った子ども達。


私も日付がかわるまで起きていたというのに
なんと、夜中の三時過ぎに目が覚めて
そのままお布団の中で本を読みました。
家族みんなでくっつく幸せも大切で大好き。
同時に、一人静かに物思いにふけったり、本を読んだり、の時間も、とても大切で大事に想っているから
自然自然に目が覚めたのかな!?


王由由さんの「ずっと大切だったこと」と
山元加津子さんの「たんぽぽの仲間たち」。
この本が読み初め!になりました。

由由さんのこの本を久しぶりにゆっくりじっくり読み返すと、涙が出てきました。
とても心に沁みました。
初めて出会った十年以上前には見えなかったものも感じられる今の自分にも気付きました。
そして同時に
ページをめくると、ところどころ、淡い空色のペンでラインと小さなハートが書き込んであって
あ、かつての私、ここのところが心に響いたんだね(*^^*)今、読み返しても、変わらず好き、変わらず沁みるわ
って、変わらない自分にも気付きました。



ふと気付いて愉快になりました。
それは、くしくも、読み初めのお二人は、にじのゆめのご挨拶にも登場して下さるほど
十代、二十代の頃から大好きな方。


そして、なんでも気がつくのが遅い私は
今日になって、気がついて感激したのですが
高校生頃に、新聞で連載されていたエッセイが大好きでした。
ぼんやり山元加津子さんという方が書かれていたことを
忘れん坊の私なのにどこかで記憶していて…
何年も時を経て(以前はインターネットなんてなくって、再会するすべを知りませんでした!)加津子さんと再会し、
加津子さんのたんぽぽの綿毛をふうっ♪と届ける風さんになりたいと願うようになり
今に至るのですが…(前置きが長くなりました!)
もしかしたら、あの高校生の頃に、新聞を切り抜いて読んでいた、まさに「出会い」「原点」を
今、読んでいるんじゃないかしら!
だって、たしか、「たんぽぽの仲間たち」とかって題の連載だったもの!
と、ふと気付いて、感激した元旦です。



歳月も想いも人との出会いふれあいも
その時には見えないかもしれないけれど
大事に大事につながっているんですね。
きらきら輝く糸で。
そしてその糸は、他の方にもつながって、広がってゆくんですね。



なんて幸せでしょう。


思いがけぬ夜中に得た読み初めに
たくさん幸せを感じて
ずっと「大好き」「大切」を温めて、
また今年も歩いてゆこうって想いました。



長い長い手帖になりました!
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-01 23:46 | 日々

一年のおわりに、ささやかに想うこと

今日、会いに行こう
今日、手をつなごう
今、ありがとうって言おう
今、大好きって言おう
今、嬉しいって言おう
今、精一杯優しくありたい
今、精一杯生きたい

今日、今、しよう
[PR]
by nonohananonohana | 2008-12-31 19:13 | 日々

ありがとうございました

今年もしめくくりになりました。

今年も一年、心からありがとうございました。

振り返ると、いつもいつも、守られて、支えられて、過ごした一年だったなあと想います。


にじのゆめを始めてから、今年の秋に一年を迎えました。
いつも盛り立ててくれるにじのゆめの仲間たちや、
笑顔や語らいをたくさん下さったお客様や
今年も温かくふれあわせていただいたメーカーさんやお店の皆さんや
日々声を掛けてくださったり、見守って下さった友達や
ぶきっちょな私を許して支えてくれた家族や
…みんなみんなのおかげで
すてきな一年になりました。
ほんとにありがとうございました。


来年は、ますます
にじのかけはしとして、
幸せのために顔晴りたいと想います。
また、私も作り手として
言葉や手作りに祈りを込めて
届け続けてゆきたいと想います。



来年からはお昼からのオープンになります。
それは、
大事なものを大事に、
ゆっくり丁寧に、
との想いからです。
ますますかたつむりさんペースのにじのゆめになりますが
どうか、変わらずよろしくお願い申し上げます。


皆様、ほんとにほんとにありがとうございました。
よいお年を!



にじのゆめ 山口智美
[PR]
by nonohananonohana | 2008-12-31 18:09 | 日々

店長さん

いつも行くスーパーマーケットが大好きです。
店員さんがみんな温かだからです。
中でも、いつも頭が下がり、とっても好きな方は店長さんです。
我が子たちが、「あの人、“店長”って名札に書いてあるけど、いつもすごくお仕事してる」と言うぐらい
いつもほんとに一所懸命お仕事されているのです。(小さい子って、店長さんとか社長さんは、でんと構えて座ってるって思っているものですよね!)
いつお目にかかる時も、体を動かして働いておられるのです。
それで顔を合わせたら、笑顔で話しかけて下さるのです。
頭が下がり、心がぬくもります。

店長さんも店員さんも皆さん温かで、大好きなお店に
今年一年、ほんとにお世話になりました。
[PR]
by nonohananonohana | 2008-12-30 22:37 | 日々

たんぽぽの仲間たち

e0023849_22113661.jpg

つい最近出版された、山元加津子さんの新刊を
読み出したらとまらなくて、一気に読みました。
いつもいつもの加津子さんの優しくて謙虚なお人柄がにじんでいました。

そうしたら、
今度は加津子さんの原点を読み返したくなり
「たんぽぽの仲間たち」を読んでいます。
まるでかわらないかっこちゃんが
たんぽぽの仲間たちの本でも
新しい本でも
語りかけてくれます。
それがまた嬉しいです。


最新刊は
「宇宙は今日も私を愛してくれる」三五館さん
[PR]
by nonohananonohana | 2008-12-29 22:11 | 日々