ゆっくりしているのが一番です

前に長く入院していた時
それも
ほとんど寝たきりでいた時
偶然、小さなミニ冊子で
こんな一節と出会いました。



災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には死ぬがよく候。
是はこれ災難をのがるる妙法にて候。



良寛さんの言葉だそうです。
それと同じころ、こんな言葉とも出会いました。



禍福あざなえる縄のごとし



二つの言葉は
すうっと心にしみとおってきて
妙にすとんと心におさまって
入院中
何度もくりかえし思い起こす言葉になりました。




お友達から葉書をいただきました。
病がどうなるか不安な気持ち、
治ることを信じたい気持ちが書かれていて
私は想像することしかできないけれど
病で苦しいことのひとつは、先が見えない不安だと思うから
お友達は苦しいだろうなぁ・・と思いました。

私もすごく苦しかったなぁ
それが、いつからか、苦しくなくなったなぁ。どうしてだったかなぁ。
あの頃、そういえば、良寛さんの言葉に出逢ったなぁ。
禍福・・の言葉とも出逢ったなぁ。
それから、もしも自分を大事にしなかったら
悲しむ人の顔が浮かんで
そして、養護学校で一緒に過ごした子ども達の顔もいっぱい浮かんで
自分を大事にしないことは決してできないと肝に銘じたなぁ。


あの頃の気持ちを言い表すとすると
これでよし・・そんな気持ちだったなぁ。
どうやら治らないらしい・・
治らないなら治らないで
治らないなりに
愉しく歩いてゆこうか
一日一日を慈しんで歩いてゆこうか
治っても治らなくても
しゃぁない、まるごとオッケーじゃ。


ただ、それは私の病気に私の心が想ったこと。
ひとりひとり違うものね。
お友達はどうだろう。
心が元気になれたらいいなぁ。



と、お友達を想い、
かつての自分を心の引き出しから取り出して、
良寛さんの言葉と
もうひとつの言葉とを思い出しました。




そして
この大好きな詩も一緒に
心に浮かんできました。




さびしいときは 心のかぜです
せきして はなかんで やさしくして
ねてたら 一日でなおる

   原田大助さんの詩




私はこの詩がとても好きです。
そしてこの詩も思い出しました。




きれいな花見て
月も見て
ゆっくりしているのが 一番です


    原田大助さんの詩


この詩も大好きです。



いっぱい苦しんで苦しんだら
あとは
心をいっぱいあっためて
体もいっぱいあっためて
ゆ~ったりしてね。
苦しんで苦しんだら
そのぶんだけ
針の穴ほどのちっちゃな光さえも
とってもとっても嬉しくて
そこにむかって
またゆっくりゆっくり歩き出せるよ。





お友達に言葉をかけられるとしたら
想像しかできない私だけど
こんな言葉を思いました。
[PR]
by nonohananonohana | 2009-01-14 14:04
<< 野の花だより まだ途中 >>