光と影

開店前の時間
買い出しを済ませて
いつもの山の道を通って
自宅へ帰るひとときが好きです。
日々いろいろな景色に出会うことができるから。

今日は、大きな雷を伴う風雨の後
つかのま陽がさしている時に
山の道にさしかかりました。

e0023849_12581289.jpg


風で舞い落ちた葉っぱたちは
つやつやとぬれて
そこに陽がさして輝く様子は
それはそれはきれい。
落ち葉の美しさに
しばし見惚れていました。

澄んだ空気に鳥のさえずりもまた
気持ちに新鮮な風を通してくれたひとときです。

お店の手しごとの合間に
こちらもまた気持ちに新鮮な風を通してくれる
気ままな手しごと。
太めのモヘア毛糸を用いて
織っています。
ゆっくりゆっくり。
無心にしていると落ち着きます。

e0023849_1258331.jpg

そして、時々、こうして光にかざしてみて
あぁなんてきれいなんだろうって
やっぱり見惚れてしまいます。

私は
光と影のおりなすものをとても大切に想っています。
光と影はどちらもとても大切。
風景も
こうした手しごとも
人の歩いてゆく道も日々の営みも・・
どちらもとっても大切に想います。
[PR]
by nonohananonohana | 2008-11-28 12:59 | 日々
<< <うたの手紙> 愛の唄 あったかい >>