嬉しかった

夜、おもむろに1つのかごを取り出して
作業を始めます。

絵はがきようの紙
パステル
など、一式が入ったかご。

木枠の額の大きさに合わせて
布を裁断します。
そしてアイロンがけ。
そしてボンドではりつけ。

布の雰囲気と言葉の雰囲気と合わせて
ひとつずつ貼っていきます。

そして、いよいよ
真っ白い紙に
今から書く言葉に合わせて
おろし金でおろして粉にしたパステルを
ふわっとのせて
そこに言葉をしたためます。

そして、バランスを見ながら
ぎゅっと落款をいれます。

そうして書き終わると
額の真ん中にくるように
書いた紙をボンドで貼ります。

そしてふちをレースでちょっと飾ります。

「ふぅ・・・できたぁ・・・・^^」
息をつきました。

そうしたら、隣で本を読んでいた日向が言いました。

「母さん、これ、いくら?」

「これ?これは250円だよ」

「・・・そうかぁ・・・。
母さんは250円のためにこんなに真剣なんだね。
・・そうかぁ・・・いいことしてるね・・母さん」

そう言いました。

私はそんな言葉を日向からもらって
すべてまるごと嬉しい気持ちになりました。
[PR]
by nonohananonohana | 2008-08-10 11:28 | 日々
<< 幸希はかわいらしいものが大好き 落款印 >>