細谷亮太先生の本

今月の本・・
細谷亮太さんという小児科のお医者様の
「医者が泣くということ」という本をご紹介したいと思います。

私は日記が好きらしいです。
気がつくといろいろな方の日記を好んで読んでいます。
この本も、細谷先生の日記です。
それが実に心にぽつぽつ、ふわふわ、じわじわ、沁みてきて
惹きこまれました。
お医者様の日常も、飾りっけない率直な文章で
目の前に浮かんでくるようでした。

私は今までにも今も、たくさんのお医者様にお世話になっていて
そして本当に大好きなお医者様にも出逢わせていただきました。
職業としてのお医者様というだけでなく
人としてのお医者様・・ということを
またこの本でも感じて、また感謝が深まった気がします。
[PR]
by nonohananonohana | 2007-10-18 11:13
<< 紙袋 古武道 >>