看板作り

昨日の日曜日、子ども達と看板作りをしました。

看板の素材は、板。それも古い板です。
この築後40年とかそれぐらいの古い我が家の玄関の
腰板に使われていた板たち。
ここに越してきた時、あまりに玄関が暗いので
思い切って、腰板をアイボリーで塗ることにしました。
その時のペインターさんは次男のがっちゃん。
まだ幼いかわいいペインターさん。
ペンキを体にいっぱいつけながら塗ってくれました。
その想い出の板たち。
今回の工事で全部はがされることになったのですが
とてもとても捨てるなんてできなくて
訳を話して、大工さんにきれいにはがして
全部取っておいていただくことにしました。

この板たちが、にじのゆめの看板に^^

そして今回もやはり、がっちゃんの出番。
「にじのゆめ」とグリーンのペンキで書いてくれました。
子どもの字ってなんて味があるのかな。

今度はここに虹の絵を書き加えてもらいます。

そして壁に打ち付けます。

出来上がりはいつかな?
その時がOPEN♪です。
[PR]
by nonohananonohana | 2007-09-11 00:34 | 日々
<< 三五館さん、ありがとう ひつじ >>